HyperDrive: Thunderbolt 3 USB-C Hub for 2016 MacBook Proレビュー!

Kickstarterで出資した「HyperDrive: Thunderbolt 3 USB-C Hub for 2016 MacBook Pro」が届きましたので、主に外観に関してのレビューをお届けします!

詳細な仕様等は公式ページをご覧いただくとして、実際にMacBook Proに装着した場合の写真などを交えてのファーストインプレッションを報告したいと思います。

まずは、パッケージの裏面はこんな感じ。

中身を取り出して、外観をぐるりと。持ってみた感じ、すごく軽く感じました。高級感はそれほどないですが、安っぽさもないですね。

実際にMacBook Proに装着してみました。色や質感などピッタリ!なんの違和感もありません!

MacBook Proの筐体から、Hyper Driveは1mmほど出ている感じです。

美しいMacBook Proに美しいHyper Driveがベストマッチ!

ちなみに右側にも装着できます。が、この場合はだいぶHyper Driveが出っ張ります。やはり、MacBook Proの左側に装着するのが良さそうです。

ケーブルやSDカードを繋いでみるとこんな感じ。SDは裏面を上にして差し込むことになります。ちなみにSDカードは、手持ちのEye-fiカードはなぜか認識してくれませんでした。他のSDカードでは問題なかったのですが。。

Kickstarterで出資したら、ケースも付いてきました。ちょっとジャストサイズすぎて出し入れする際にキツイ感じもします。出し入れする口の部分が磁石で閉じられるようになってますが、HyperDriveを入れると閉まりません。。専用に作られたものではないのかな・・・?

以上、駆け足になりましたが、HyperDriveの外観レビューでした!MacBook Pro 2016をお持ちの方にとっては、必須アイテムになりそうな気がします!

カテゴリーMac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください